門脇アイクリニック。東京都新宿区新宿3-17-5 カワセビルB101。

眼科まっぷ
  1. 門脇アイクリニック

門脇アイクリニック

印刷
住所
東京都新宿区新宿3-17-5 カワセビルB101
電話番号
03-5367-9909
診療時間午前
診療時間午後
診療時間その他
休診日
病床数
診療科目
眼科
URL
最寄駅
最寄のバス停
周辺ガイド 周辺情報はこちらから
Phm06 0011

まぶたや目の周りに痙攣を起こす病気には「顔面ミオキミア」「片側顔面痙攣」「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」があります。これらの病気の症状、原因、検査、治療について解説します。

病気によるピクピクだったら大変だ!自分の意思とは関係なく、突然まぶたや目の周りがピクピクと痙攣(けいれん)することってありますよね。一時的なものですぐに治まるのであれば、それは疲れ目やストレスによるものですから、休息と睡眠を十分に取れば心配することはありません。問題は「顔面ミオキミア」「片側顔面痙攣」「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」という、まぶたや目の周りが痙攣する病気であった場合です。特に...
Phm06 0008

コンタクトレンズは便利ですが、誤った使用方法でトラブルが起きるケースも増えてきています。

便利なコンタクトレンズコンタクトレンズはつけていることがわかりませんし、運動の妨げにもならないので、人気があります。ですが、同時に誤ったコンタクトレンズの使用により起きるトラブルも増えています。炎症や感染症、場合によっては失明に至ることもありますので、注意しなければいけません。

コンタクトレンズのトラブルコンタクトレンズは目の角膜に直接付けて使用します。目に接触しているので、もしコンタクト...
Phm06 0012

コンタクトレンズは便利な道具ですが、使用方法を誤ると目の病気を引き起こすこともあるのです。

誤ったコンタクトレンズは失明の可能性も!コンタクトレンズは装着すれば裸眼と同じように過ごせるため、とても便利な道具です。しかし、コンタクトレンズは目に直接触れているため、誤った使用方法をすると目に様々な悪影響を及ぼします。最悪の場合ですと、失明することもあります。

正しいコンタクトレンズの使用方法目の健康を守るためには、コンタクトレンズを正しく使用することが大切です。正しいコンタクトレンズ...