いずみ眼科。東京都新宿区榎町33 ザ・スクエアー1F。

眼科まっぷ
  1. いずみ眼科

いずみ眼科

住所
東京都新宿区榎町33 ザ・スクエアー1F
電話番号
03-3260-5248
診療時間午前
月火水金土 10:00~13:00
診療時間午後
月火水金 14:30~18:00
診療時間その他
休診日
木・日・祝
病床数
診療科目
眼科
URL
最寄駅
周辺ガイド 周辺情報はこちらから
A0002 007930

視力矯正の方法には、主に「メガネ」と「コンタクトレンズ」の2通りがあります。もちろん、各々の矯正手段にはメリット、デメリットがあります。

メガネを選ぶメリットとは?最も手軽に視力を矯正可能な手段がメガネです。コンタクトレンズの場合、レンズが目に直接触れるため、雑菌が侵入し、場合によっては失明へとつながる恐れがあります。一方、メガネの場合には、その心配は無用です。また、着脱が容易にできることもメガネのメリットのひとつと言えるでしょう。

メガネのデメリットとは?メガネのデメリットと言えば、外見がオタクっぽく見えるため、周囲の好感...
Phm06 0355

「角膜炎」は早期に治療を開始すれば短期間で治すことが可能です。しかし、治療開始が遅れるほどに治療期間は長くなっていきます。特にコンタクトレンズユーザーの方はご注意ください。

早期の治療開始が必須です角膜(黒目)の表面の角膜上皮に傷がつき、そこに細菌や真菌(カビ)が侵入することで発症する「角膜炎」は、重症化すると回復不能な視力障害を残してしまう危険な病気です。
それでも角膜には知覚神経が張り巡らされているため、傷がつくと強い痛みを感じます。その痛みを感じた時点で適切な治療を始めれば、短期間で症状は改善します。しかし、治療の開始が遅れて細菌や真菌に感染してしまうと、...
Phm16 0307

緑内障手術は、点眼薬やレーザー療法で緑内障の進行を抑えられない場合に行われます。手術をしても障害を受けた視神経は復活しませんが、眼圧を下げて失明のリスクを回避することができます。

緑内障のほとんどは薬で抑えられます緑内障は失明の危険性がある重篤な眼病です。一度障害を受けてしまった視神経を復活させることもできません。ですから、もし皆さんが緑内障の診断を受けたとしたら・・・そりゃもう「怖い!」に違いないと思います。でもそれほど心配しなくても大丈夫ですよ。
昔に比べて近年では優れた点眼薬がたくさん開発されていますから、ほとんどの場合で点眼だけで眼圧を下げることが可能になり、...