紫外線から目を守る! 目にやさしいサングラスの選び方

眼科まっぷ
  1. 紫外線から目を守る! 目にやさしいサングラスの選び方
2016年02月08日

紫外線から目を守る! 目にやさしいサングラスの選び方

私たち日本人はサングラスを“ファッションアイテム”として考えがちですが、本当の役割は“健康アイテム”として紫外線から目を守ることです。ぜひ「目にやさしいサングラス」を選んでください。

紫外線から目を守る! 目にやさしいサングラスの選び方

目は危険にさらされています

寒い冬が過ぎて暖かな日差しが差し込むようになると、気持ちも晴れ晴れとしてきます。でも、そんな良い季節だからこそ注意しなければならないのが「紫外線」。紫外線は肌を傷めるだけでなく、目も傷めます。もともと角膜(黒目)や水晶体などの目の組織には有害な光をブロックする機能が備わっており、網膜にまで届くのは全体の1~2%に過ぎません。しかし大量の紫外線を浴び続けていれば、たった1~2%であっても様々な眼障害を引き起こす原因となります。

サングラスを活用しましょう

そこで日頃から愛用したいのが「サングラス」です。私たち日本人は、サングラスを“ファッションアイテム”として考えがちですが、ぜひ紫外線から目を守るための“健康アイテム”として活用してください。日本人よりも虹彩(瞳)のメラニン色素が少なく、まぶしさも2倍感じてしまう欧米人(白人)は、お洒落のためではなく目を守るために日常的にサングラスをかけています。オゾン層の破壊が危惧されているオーストラリアでは、目の健康を守るために小学生にもサングラス着用を義務付けているほどです。私たちももっとサングラスを活用すべきですね。

目にやさしいサングラス選びのポイント

それでは、紫外線から目を守ることを目的とした「目にやさしいサングラス」の選び方のポイントをご紹介しましょう。

1)レンズの色に騙されないように
レンズの色が濃ければ濃いほど目にやさしくなるわけではありません。真っ黒なレンズは“眩しさ”の防御には効果がありますが、色の濃さが紫外線を跳ね返すわけではないのです。逆に目の前が暗くなるおかげで瞳孔が開きますから、より多くの紫外線が目に入ってきてしまう可能性があります。

2)重要なのは「紫外線透過率」
目の健康を守るためには、どれだけ紫外線をカットできるかが最も重要です。そこでサングラスに付いている商品表示ラベルを見て、紫外線透過率を確認しましょう。透過率が0.1なら99.9%の紫外線をカットするという意味になります。レンズが透明でも透過率0.1のものであれば、眩しさは防御できませんが立派なサングラスと言えます。紫外線をカットしない「ファッショングラス」を選ばないように気をつけて。

3)女優さんのような大きめサイズがグッド!
紫外線は顔とサングラスの隙間から入り込み、レンズの裏面に反射して目に飛び込みます。そこで女優さんがかけているような、大きいフレームとレンズが目を完全に覆い、顔にフィットするカーブがついたものがオススメです。