衣笠病院。神奈川県横須賀市小矢部2-23-1。

眼科まっぷ
  1. 衣笠病院

衣笠病院

住所
神奈川県横須賀市小矢部2-23-1
電話番号
046-852-1182
診療時間午前
月~土 8:30~11:00
診療時間午後
月~金 13:00~15:00
診療時間その他
休診日
日・祝
病床数
251
診療科目
内科 精神科 神経科 小児科 外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 リハビリテーション科 麻酔科
URL
最寄駅
衣笠駅(180m)
最寄のバス停
周辺ガイド 周辺情報はこちらから
Phm06 0353

まつげの生え際にあるマイボーム腺。これがつまることによっておきる病気とコンタクトレンズの関係とはどのようなものでしょうか。

マイボーム腺梗塞とはまぶたの際、まつげの生え際のところには涙の元である油を分泌するマイボーム腺があります。このマイボーム腺に油が詰まってしまう症状のことをマイボーム腺梗塞といいます。
マイボーム腺梗塞になると、油が詰まった状態になるので、目元に白いぶつぶつとしたできものができます。ばい菌が繁殖しやすく、ものもらいになることもあります。コンタクトレンズからばい菌が目にうつることもあるので、コン...
2jzjv63k3wor6i

サングラスというと、かつてはファッションアイテムというイメージが強かったのですが、現在のサングラスは目を保護するために様々な機能が付けられているのです。

サングラスの役割その1 紫外線カット屋外で長時間過ごす人にとって、気になるのは紫外線です。肌には日焼け止めを塗ることができても、目は無防備なまま紫外線にさらされることになります。紫外線を長時間浴び続ければ、白内障などの眼病の原因になる可能性があすのです。そこで、活用したいのが紫外線カットの機能を持ったサングラス。

でも、これは色の濃いサングラスを選べばよい、という訳ではありません。紫外線を...
Phm06 0355

「角膜炎」は早期に治療を開始すれば短期間で治すことが可能です。しかし、治療開始が遅れるほどに治療期間は長くなっていきます。特にコンタクトレンズユーザーの方はご注意ください。

早期の治療開始が必須です角膜(黒目)の表面の角膜上皮に傷がつき、そこに細菌や真菌(カビ)が侵入することで発症する「角膜炎」は、重症化すると回復不能な視力障害を残してしまう危険な病気です。
それでも角膜には知覚神経が張り巡らされているため、傷がつくと強い痛みを感じます。その痛みを感じた時点で適切な治療を始めれば、短期間で症状は改善します。しかし、治療の開始が遅れて細菌や真菌に感染してしまうと、...